• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2019年5月21日

鉄リサイクリング・リサーチ 林誠一氏最新レポート 越粗鋼、転炉・誘導炉が躍進

鉄リサイクリング・リサーチ(本社=茨城県北相馬郡、林誠一社長)は20日、調査レポートNo.51「ベトナムの鉄鋼・鉄源需給の現状」を発表した。本レポートは、林社長自ら4月に現地を訪問し、日本にとっても主要な鉄スクラップ輸出国であるベトナムの鉄鋼環境について調査・解説したもの。

同社の調べによれば、ベトナムの2018年粗鋼生産量は、前年比33・3%増の1643万トン。これは世界の64カ国中最高の伸び率で、2位はモルドバ21・8%、3位はイラン17・7%となっている。

ベトナムの18年粗鋼生産量の割合を製鋼法別にみると、転炉が54・3%、アーク電炉が26・2%、誘導炉電炉が19・5%だった。なかでも転炉は前年比86・6%増、誘導炉が同16・8%増となっており、「転炉の高増加率とともに、誘導炉の躍進が注目される」(林社長)。誘導炉は原料の投入口が狭いうえ、精錬設備を備えていないことから、使用する鉄スクラップの寸法・品位に特に注意が求められる。「ベトナムに鉄スクラップを輸出している日本側が、そういった相手国の実情を充分に踏まえていない」ことにも警鐘を鳴らした。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-7733-7050

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2019/09/13
H2新断プレス
24000円 (-200)26400円 (-200)
219.68ドル (-2.16)241.65ドル (-2.19)

 換算レート (TTS) 109.25円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2019/09/13調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
-7100066000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8500085000
鉄スクラップ
H2-1350012000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 +652 +647 +650 +645
電気亜鉛 293 287 293 287
電気鉛 277 274 277 274
アルミ二次地金 99% 199 194 199 194

非鉄金属市場価格へ