2019年5月21日

日本鋳鍛鋼が廃業、20年3月末めど

 発電・鉄鋼向けなどプラント製品メーカーの日本鋳鍛鋼(本社=福岡県北九州市)は2020年3月末をめどに自主廃業する方針を15日の取締役会で決定した。発電向けや船舶向けなど足元の業績は振るわず、中長期的な需要も厳しいと判断したため。同社は「取引先など迷惑をかけないよう会社の解散手続きを進めていく」としている。

おすすめ記事(一部広告含む)