2019年7月3日

鉄スクラップ 関西輸出価格2万7210円

 関西鉄源連合会(会長=黒川友二・扶和メタル会長)が2日に実施した第83回鉄スクラップ共同輸出入札は、落札価格がトン当たり2万7210円(H2グレード・大阪湾岸FAS)だった。成約数量は5000トン。6月14日実施の前回比で840円値下がりしたものの、大阪地区電炉メーカーの鉄スクラップ購入価格(H2)を約500―1000円上回った。また、鉄スクラップ需要が落ち込む中で共同輸出の契約数量が計1万トンに達し、緩和傾向にある需給バランスが多少なりとも改善することが見込まれ、軟化していた地区鉄スクラップ市況も「いったん様子見ムードに転じるのでは」(流通筋)との声も聞かれる。

おすすめ記事(一部広告含む)