2019年8月21日

鉄スクラップ、海外輸出相場が軟化傾向 トルコ向け価格続落

海外の鉄スクラップ輸出マーケットが底入れ反発から一転、軟化し始めている。貿易摩擦や景気減速などによる先行き不安が市場に影響。世界最大の鉄スクラップ輸出国のトルコ向け新規鉄スクラップ輸出価格が続落した。鉄鉱石・原料炭価格や中国鋼材市況が大幅に下落した影響も大きく、「輸出市場ではムードが悪化している。各国の鉄スクラップ需要家の買い控えにつながりそうだ」(商社)との見方がある。

おすすめ記事(一部広告含む)