2020年2月10日

鉄スクラップ、トルコ向け価格続落 アジア市場にも影響

 トルコ向け新規鉄スクラップ輸出価格が続落した。国内や輸出向けの鉄筋需要が低迷している上、鉄スクラップ価格の下落に伴い、CIS圏などから安価なビレットがトルコに流入していることが影響したもよう。米国や欧州、CIS圏などからの輸出価格が全面安となり、「スクラップの国際市場は完全な買い手市場」(商社)となっている。

おすすめ記事(一部広告含む)