2019年10月2日

鉄スクラップ、関西輸出価格2万3030円 240円安

関西鉄源連合会(会長=黒川友二・扶和メタル会長)が1日に実施した第87回鉄スクラップ共同輸出入札は、成約価格がトン当たり2万3030円(大阪湾岸FAS・H2グレード中心)だった。海外鉄スクラップ市況の低迷が続く中、9月17日の前回比で240円安と小幅値下がりにとどまり、地区電炉メーカーの鉄スクラップ購入価格並みの水準となった。米中貿易摩擦の長期化などから海外市場の先行きが懸念されるものの、地区内では鉄スクラップ共同輸出の契約数量が船積み期限の11月末までで計1万5000トンに達し、「ヘビースクラップについてはややタイト化するのでは。地区相場の下支え材料となりそうだ」(ヤード筋)という。

おすすめ記事(一部広告含む)