2019年10月10日

国内スクラップ続落、新規輸出成約が難航

 国内鉄スクラップ相場が続落した。国内外で鋼材需要が低迷するなか、韓国などのアジア諸国が米国産の安値スクラップを購入し、日本産鉄スクラップの新規輸出成約が難航したことで国内相場の続落につながったもよう。

おすすめ記事(一部広告含む)