2020年7月7日

鉄スクラップ国内相場、需給緩み続落

 国内鉄スクラップ相場が続落した。船積みが停滞して、シッパー各社の引き合いが弱まっていることに加えて、経済活動の回復に伴って市中鉄スクラップ流通量が増えていることで、電炉メーカーへの鉄スクラップ入荷が増加し、需給が緩んだ。

おすすめ記事(一部広告含む)