2019年11月8日

カラー波板に品薄感 首都圏台風 復旧需要増加

 カラー波板(鋼板製波板)の需給が急速にタイト化している。甚大な被害をもたらした台風15号で被災した首都圏の工場や倉庫、住宅などの応急措置としての用途が急増しているためで、関東地区の波板メーカーはフル生産で対応している。

おすすめ記事(一部広告含む)