2019年12月5日

JFES京浜、発電設備リフレッシュ完了

 JFEスチールは、東日本製鉄所・京浜地区(神奈川県川崎市)の構内にある扇島火力発電所で約270億円を投じて進めていたガス・タービンコンバインドサイクル方式への発電設備のリフレッシュ工事が完了し、3日に竣工式を行った。旧機が蒸気の膨張力を利用した汽力発電方式であったのに対し、新型機は製鉄所から発生する副生ガスを燃料とするガスタービンコンバインドサイクル発電方式を採用しており、発電効率が約2割向上、これにより省エネルギー、二酸化炭素排出量の低減につなげることができる。

おすすめ記事(一部広告含む)