2020年1月10日

全国CC出荷、3カ月ぶり減136万トン 11月、自動車減産映す

 全国コイルセンター工業組合(理事長=鈴木貴士・五十鈴社長)がまとめた流通調査結果によると、2019年11月のコイルセンター出荷量は前月比2・4%減の135万8179トンとなり、3カ月ぶりに減少した。前年同月比では8・4%減と前月に続いて大幅に減少。同月の自動車生産が落ち込んだことが主な要因で、メーカー別では日産自動車が前年同月比17・8%減、ホンダが38・7%減と深刻だった。

おすすめ記事(一部広告含む)