2020年2月14日

日本政府、浙江省も入国制限対象 現地日系企業、事業運営への影響懸念

日本政府が新型肺炎対策として中国の湖北省に続き浙江省滞在者の入国制限を12日に発表し、現地の日系企業の間で事業運営への影響が懸念されている。上海市の南に位置する浙江省は自動車関連など日系企業が多く進出。鉄鋼企業や商社も鋼材を加工する工場を複数構え、延長された春節の休暇明け10日以降の工場の再稼働に専念するが、社員の日本との往来を見送るなど対策を迫られそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)