2020年4月10日

愛知県が新型コロナ緊急事態宣言 鉄鋼業界で対策強化の動き

7日の政府の発令に続いて、愛知県が10日、新型コロナウイルス感染症対策で県独自の緊急事態宣言を発令したのを受けて、県内に本社を置く鉄鋼メーカーや商社、鋼材流通などで対策強化の動きが広がっている。

大同特殊鋼/名古屋、大阪、福岡でも在宅勤務

大同特殊鋼は10日、東京および名古屋本社、大阪支店、福岡営業所に勤務する社員について5月6日まで基本、在宅勤務とすると発表した。3日に発表した東京本社に勤務する全従業員を6日から10日まで原則、在宅勤務とするという措置を延長・拡大するもので、千葉・東京・愛知にある製造事業所と研究所については、社員の在宅勤務や時差出退勤を含めた最大限の感染予防対策を講じた上で、必要最小限の人員で操業を維持する方針。

チームごとの交代勤務に/岡谷鋼機

岡谷鋼機は、東京・名古屋本店および国内の緊急事態宣言の対象区域にある大阪店や支店でチームを編成。営業以外の管理も含め従業員を2チーム以上に分け、チームごとの交代勤務とする。緊急事態宣言が解除されるまで継続する。

第1、3、5週の土曜日を休業に/三重鋼材

三重鋼材は、名古屋本社および豊川営業所で、通常半日営業としていた第1、3、5週の土曜日に関して18日以降、当分の間、休業とすることを決めた。

おすすめ記事(一部広告含む)