2020年4月27日

関東、鉄スクラップ不足 輸出向け、需要高水準

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、関東地区で鉄スクラップが不足している。大型連休を控えているにもかかわらず、鋼材需要の落ち込みなどから関東地区電炉メーカーは減産基調にあり、原料となる鉄スクラップ需要も減退しているが、輸出向けの船積み量は高水準で推移。輸出向けのヘビースクラップが不足していることを受け、一部で「モノ不足が鉄スクラップ品質の劣化につながっている」(商社)との声も出始めている。

おすすめ記事(一部広告含む)