2021年1月21日

日本製鉄、棒線値上げ 国内・輸出向け 全種1万円以上

 日本製鉄は主原料価格が大幅に上昇していることなどから、棒鋼・線材全品種について、足元からトン当たり1万円以上の値上げを実施する。特殊線材を含む特殊鋼棒鋼・線材および普通線材で、国内向け(ひも付き、店売り)、輸出向けともに対象。需要家や流通各社への申し入れを開始した。市況品種の普通線材は、すでに同1万5000円の値上げ要請を行っている。同社にとっては2019年度下期以来の値上げになる。

おすすめ記事(一部広告含む)