2020年5月11日

ティッセンクルップ、独車部品2工場再編 ばね・スタビライザー生産、開発を集約

 独鉄鋼大手のティッセンクルップはこのほど、ドイツで自動車部品のばねとスタビライザー工場の再編成を決めたと発表した。スタビライザーのオルペ工場は2021年末までに閉鎖する。ハーゲン工場はばねとスタビライザーの生産と開発を集約する拠点に転換する。2工場の再編は約490人の雇用に影響する。再編へ数週間かけて組合の合意を取り付けたい考え。

おすすめ記事(一部広告含む)