2020年6月11日

鉄スクラップ、関東輸出価格2万6360円

 関東鉄源協同組合(理事長=山下雄平・ヤマシタ社長)は10日、6月契約分(7月積み)の鉄スクラップ輸出入札を実施し、平均落札価格(H2)は、前回比で3880円値上がりし、FASトン当たり2万6360円となった。数量は合計2万1000トン。鉄スクラップ輸出が活況のなかでモノ不足が拍車をかけ、地区相場の高値と同水準の結果となった。5月下旬から鉄スクラップ相場の上げ足が早まったが、「今回の落札結果は地区相場の高値を大きく上回ることはできなかった。相場の天井が近い」(商社)との声が聞かれる。

おすすめ記事(一部広告含む)