2020年7月3日

国内相場、鉄スクラップ続落

国内鉄スクラップ相場が続落した。アジア向けの新規輸出が停滞し、国内相場の下落を招いた。特に新断・HSなどの上級スクラップの販路が狭まっている。ただ、7月の国内電炉メーカーの粗鋼生産量は6月比で増加する見込み。価格面で折り合いがつきにくかった新規輸出成約も、国内価格が引き下がったために契約が進みつつある。このため市場では「鉄スクラップ代表品種であるH2を中心に、国内の需要はある程度保たれるのではないか」(商社)との声が出始めている。

おすすめ記事(一部広告含む)