2021年6月29日

中国鋼材市況 需給緩み続落

 中国の鋼材市況は先週に続落した。上海地区の熱延コイルは先週末にトン5550元(約9万4000円、増値税込)と2週連続、合計200元下落。北部と南部の大雨など天候不順による需要の停滞に加え、政府の物価抑制の方針から粗鋼生産が6月に入って増加傾向を強めたことで需給が緩んだ。夏場の不需要期入りから需給はなお緩和する方向だが、原料高が続き、高値にとどまる公算が大きい。

おすすめ記事(一部広告含む)