2020年7月8日

花村産業、千葉でレーザー加工開始SN材拡充 建築向け強化

鉄鋼・非鉄金属流通や総合リサイクルを手掛ける花村産業(本社=長野県松本市、花村泰年社長)は6月から千葉事業所(千葉県市原市)で鋼板類のレーザー加工機が本格稼働している。設備導入に伴い、加工の母材在庫としてSN材の鋼板類も拡充しており、建築向けを中心に加工機能強化を加速する。

おすすめ記事(一部広告含む)