2020年8月12日

関東鉄スクラップ続伸 電炉、原料確保へ買値引上げ

 関東鉄スクラップが3日ぶりにトン当たり500円続伸した。発生低迷が続く中で少ない荷物が輸出に流れており、電炉メーカーが原料確保の動きを強めた。関東相場の上伸は直近安値の7月16日以来4度目。累計上げ幅はトン2000円。

おすすめ記事(一部広告含む)