2020年9月2日

アイ・テック東京支店 フラットデッキ、製造ライン更新

アイ・テックは約3億円を投じ、東京支店(千葉県富津市)でフラットデッキの製造ラインを更新する。下工程にあたる切断やエンドクローズ加工などの設備を最新機に入れ替え、一直の生産能力を現状比2倍の月間約600トンに引き上げるほか、製造可能な最大板厚を1・0ミリから1・6ミリまで広げて製品ラインアップを拡充する。12月末から1月にかけて最新ラインの本格稼働を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)