2020年9月3日

日鉄ステンレス、Ni系鋼板1万円値上げ

日鉄ステンレスは3日、国内店売り向け冷延薄板と厚中板の9月契約価格について、ニッケル系冷延薄板とニッケル系厚中板を前月比でトン当たり1万円引き上げると発表した。クロム系冷延薄板は前月比で据え置く。ニッケル系は2カ月連続で累計同1万5000円の値上げ、クロム系は3カ月連続の据え置き。「投機的要因に加えて、中国でステンレス需要が増えていることが影響し、LMEニッケル価格は上昇基調にある。このため、10月契約以降のアロイ価格は、さらに上昇する見通し」(同社営業担当)と想定し、販価改定に関しては「マーケットを見ながら、判断する」(同)考え。

おすすめ記事(一部広告含む)