2020年9月15日

東京製鉄、鋼板など2000円値上げ

東京製鉄は15日、10月契約分の鋼材販売価格(店売り向け)について鋼板類と角形鋼管、異形棒鋼を前月比でトン当たり2000円引き上げると発表した。厚板とホットコイル、縞コイル、酸洗コイル、溶融亜鉛めっきコイル、熱延鋼板、縞鋼板、酸洗鋼板、角形鋼管、異形棒鋼の販価を、7月契約分以来3カ月ぶりに上げる。H形鋼、縞H形鋼、I形鋼、溝形鋼、U形鋼矢板は3カ月連続で据え置く。

おすすめ記事(一部広告含む)