2020年10月14日

鉄筋小棒出荷11カ月連続減 8月国内向け53万トン

普通鋼電炉工業会によると、鉄筋用小形棒鋼の8月の国内向け出荷数量(速報ベース)は前年同月比7・3%減、前月比13・9%減の53万4530トンとなった。前年同月比は11カ月連続減、前月比は2カ月連続減少した。8月は夏季休暇で建設現場の進捗が滞り、出荷が停滞する傾向にある。ただ、前年同月比はマイナス傾向が続き、鉄筋棒鋼の出荷は低い水準にとどまっている。

おすすめ記事(一部広告含む)