2020年10月28日

東海電炉7社、鉄スクラップ購入回復 11月50万トン規模見込む

東海地区電炉メーカー7社の11月の鉄スクラップ購入量が、単月としては昨年来の高い水準である50万トン規模になる見通しだ。9月以降、生産回復が顕著な特殊鋼メーカーをはじめ、普通鋼メーカーの生産も堅調。新型コロナウイルスの経済活動への影響に伴う需要低減から脱しつつある状況に、流通企業間の在庫補充、新規確保の動きが強まっている。

おすすめ記事(一部広告含む)