2020年12月4日

JFEエンジ、三井E&S環境エンジを完全子会社化へ 来年4月

 JFEエンジニアリング(大下元社長)は3日、三井E&Sエンジニアリング(得丸茂社長)の子会社である三井E&S環境エンジニアリング全株式を取得する株式譲渡契約を締結したと発表した。来年4月1日に取得し、完全子会社化する。

 三井E&S環境エンジは2019年度の売上高が182億円。従業員数は718人。ごみ焼却施設、水処理施設、バイオマス利活用施設の建設、運転管理、メンテナンスなどの事業を手掛けている。株式取得により、JFEエンジグループは商品・サービスメニューおよび顧客基盤を拡大する。

 三井E&S環境エンジには経験豊富な人材が多数在籍しており、JFEエンジグループとの人材交流を通じて商品・サービスの品質を向上させ、更なる企業価値の向上も図る。

おすすめ記事(一部広告含む)