2020年12月18日

鉄スクラップ、H2電炉買値4万円乗せ

国内電炉の鉄スクラップ買値が指標品のH2でトン当たり4万円に乗った。新型コロナウイルスの影響で世界的に発生が落ち込む中で、国内電炉メーカーは年末までに鉄スクラップの確保を急いでいる。一方で輸出向けの需要も旺盛で、荷の取り合いが起きている。先高期待のために一部ディーラーが出荷を遅らせていることも需給タイト化に拍車をかけた。

おすすめ記事(一部広告含む)