2020年12月23日

国内相場 鉄スクラップ「新段階」 鋼材と温度差

 国内鉄スクラップの価格のステージが変化している。電炉大手の東京製鉄は22日からの鉄スクラップ購入価格を全拠点でトン当たり2000円引き上げ、岡山工場では指標品の特級スクラップの価格が2008年10月以来約12年ぶりの高値となった。新型コロナウイルスの影響で世界の鉄スクラップ発生が鈍る一方で、中国などの鉄鋼生産が回復し、原料の需給ギャップが大きくなっている。

おすすめ記事(一部広告含む)