2009年7月30日

鉄スクラップ、国内相場 500-1000円上昇

 国内鉄スクラップ相場が前週比でトン500―1000円上昇した。指標品のH2価格は2万6000―2万7500円前後。一部高値はそれを上回る。市中流通量の減少と輸出価格の上昇が要因。電炉メーカーの夏季炉休期間に入ったものの、需給が緩む気配はなく、「生産水準が上向いているメーカーは、鉄スクラップの調達に苦戦を強いられる」(流通筋)との見方が強い。

おすすめ記事(一部広告含む)