2021年1月20日

鉄鋼協会 渡辺義介賞に髙橋氏 21年一般表彰、西山賞は髙木氏

日本鉄鋼協会(会長=小野山修平・日本製鉄副社長)は19日、鉄鋼関連の技術・研究分野の功績をたたえる2021年の一般表彰の受賞予定者を発表した。生産技術部門の渡辺義介賞に日鉄テクノロジー社長で元日本製鉄副社長の髙橋健二氏が「薄板製造技術進歩および発展への貢献」で選ばれたほか、学会部門の西山賞は九州大学名誉教授で高周波熱錬技監の髙木節雄氏が受賞。さらに技術功績部門の服部賞には日本製鉄副社長執行役員(東日本製鉄所長)の佐藤直樹氏、JFEスチール副社長の福島裕法氏、神戸製鋼所副社長執行役員の水口誠氏の3人が、香村賞には日本製鉄フェローの村上英樹氏、渡辺三郎賞には大同特殊鋼常務執行役員の竹鶴隆昭氏がそれぞれ選ばれた。

おすすめ記事(一部広告含む)