2021年3月23日

関西地区 薄板流通唱え上げ 3000―5000円、仕入れ高転嫁

 関西の薄板流通各社が、帳端明けの22日から唱えを順次引き上げている。大手コイルセンターでは22日から各品種で唱えを5000円引き上げ。「輸入鋼材も国内鋼材も価格が高騰しており、価格転嫁していかなければならない」との声が上がっている。

おすすめ記事(一部広告含む)