2021年4月5日

神戸製鋼、経常益60億円に上振れ

 神戸製鋼所は5日、2021年3月期の連結経常損益予想を60億円の黒字とし、前回予想の100億円の赤字から上方修正したと発表した。前期の80億円の赤字から黒字に転換する。鉄鋼アルミで半導体不足に伴う自動車の減産リスクが実現しなかったことで素材系の利益が40億円程度改善する見込み。緊急事態宣言の再発出に伴い、全社的に経費の支出も抑えられた。配当は前回見送りとしていた期末配当を5円とし、年5円に修正した。

おすすめ記事(一部広告含む)