2021年6月3日

JFEエンジ、4年間で設投2200億円 洋上風力モノパイル製造

 JFEエンジニアリングは、2024年度までの4カ年で設備・事業投資に2200億円を投じる。「2030年に向けた成長基盤を構築する4年間」(大下元社長)と位置づけ、24年度までに受注・売上高で6500億円、セグメント利益で350億円を目指す。カーボンニュートラルに650億円を投資するが、うち400億円を洋上風力事業に振り向ける。国内初の着床式基礎構造物(モノパイル)工場を新設し、24年4月に生産を開始したい意向。国内市場16万トン(推定)のうちシェア50%の8万トンを目標に据える。オランダ・シフ社など海外の洋上風力発電関連メーカーが競合相手となる。

おすすめ記事(一部広告含む)