2021年6月8日

小野建、新会計基準で業績変動 今期、売上高80億円減

 小野建は7日、オンライン決算説明会を開き、新会計基準「収益認識に関する会計基準」を適用するため、2022年3月期に業績変動が生じると明らかにした。工事請負事業、主に鉄骨工事に影響し、条鋼類を中心に売上高で約80億円、販売数量で約8万トンが減少する。このほかESGの取り組みを本格化させていることを発表した。

おすすめ記事(一部広告含む)