2021年6月17日

JFE西日本・倉敷地区 第7連鋳設備が稼働開始

 JFEスチール西日本製鉄所(倉敷地区)は16日、6月に完成した第7連続鋳造設備(7CC)が稼働を始めたと発表した。同日、製鉄所構内で古川誠博・西日本製鉄所長(倉敷地区所長兼務)らが出席し、稼働式を開いた。倉敷での連続鋳造設備の新設は1993年以来。製造はスチールプランテック。JFEグループが成長戦略の一つに位置付ける洋上風力発電ビジネスに不可欠な要の設備で、稼働開始は大きな一歩となりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)