2021年7月7日

日鉄ステンレス、7契店売り Ni系冷薄2万円値上げ

 日鉄ステンレスは7日、国内店売り向け7月契約価格について、冷延薄板をニッケル系でトン当たり2万円、クロム系で同1万円、厚中板を同1万円引き上げると発表した。薄板はベース価格をニッケル系とクロム系それぞれ同1万円、アロイ価格をニッケル系のみ同1万円引き上げる。薄板のベース価格は、原料価格など諸コストの上昇に加え、海外需給のタイト化、海外市況の上昇を理由に引き上げる。厚中板は需要動向を見極め、ベース価格を据え置き、アロイリンクによる価格改定のみとした。

おすすめ記事(一部広告含む)