2021年9月2日

一般廃棄物処理施設の整備・運営 JFEエンジ、430億円で受注

JFEエンジニアリング(大下元社長)は2日、奈良県天理市の山辺・県北西部広域環境衛生組合から「(仮称)新ごみ処理施設整備・運営事業(エネルギー回収型廃棄物処理施設)」を429億8800万円(税込み)で受注したと発表した。老朽化が進む既設工場の建替えに伴い、一般廃棄物処理事業の効率化、環境負荷の低減、ごみ資源の有効活用などの観点から、同市を含む10市町村共同で一般廃棄物処理の広域化を進める。25年間にわたる運営業務をDBO(設計・施工・運転)方式により一括で受託した。

おすすめ記事(一部広告含む)