2021年10月5日

8月ビレット輸出17%増 単価3万1486円上昇

 財務省の貿易統計によると、8月のビレット(鋼片)輸出量は10万4454トンと前年同月比16・7%増、前月比4・2%減となった。7カ月連続で10万トンを超えており、高い輸出水準が続いている。平均単価はトン当たり7万1558円で前年同月比3万1486円高、前月比1405円高。主原料・鉄スクラップ価格が高値で推移したため、アジア向け輸出価格は前年同月比、前月比ともに上昇した。

おすすめ記事(一部広告含む)