2021年11月4日

中部鋼鈑 上期比5万トン増販へ

中部鋼鈑は、2022年3月期下期の製品販売量を、同上期対比で約5万トン増の34万トンと見込んでいる。厚板製品需要が年度を通じ堅調に推移するとの見通しが背景にあり、価格も30%強の上昇を想定。原料価格の高値推移は続くもののスプレッドが改善するとして、通期の売上高、収益ともに前年同期比で大幅な増収増益を見込んでいる。

おすすめ記事(一部広告含む)