2021年11月12日

鉄スクラップ相場反落 2カ月半ぶり500円

 国内の鉄スクラップ相場が11日にトン当たり500円反落した。8月下旬以来、約2カ月半ぶり。11日から電炉大手の東京製鉄が国内全拠点で鉄スクラップの購入価格をトン500円下げ、各地に値下げの動きが波及した。電炉生産が増えた10月以降に鉄スクラップ相場は高騰していたが、海外からの下げ圧力が強まって本格的な調整局面に入った。






おすすめ記事(一部広告含む)