2021年11月29日

ノーラエンジ フェライト系ステンレス配管 5割増販

 ステンレス配管大手のノーラエンジニアリング(本社=東京都千代田区、堀田幸兵社長)は、近年注力するSUS430LXを使用したフェライト系ステンレス配管の売上高を2023年度までに前期比5割伸ばし、15億円に高める計画だ。配管径の大きい屋内空調配管、雨水配管での需要が伸びていることから、従来のSGP(配管用炭素鋼鋼管)白管からのさらなる置き換えを目指し、冷温水および蒸気還水配管向けにも適用範囲を広げたい考え。

おすすめ記事(一部広告含む)