2021年12月6日

新断スクラップ相場 大阪地区で一段安

 薄鋼板などの端材で、主に製造工場から発生する「新断」スクラップ相場が大阪地区で一段安となった。輸出価格の下落で国内高・海外安が鮮明になっている上、自動車メーカーの生産挽回を見据えた動きが広がって関連工場の稼働率が上向き、新断の発生自体が増えてきたことも値下がりしている背景にある。

おすすめ記事(一部広告含む)