2021年12月22日

地産地消型クリーン水素 豊通、LA港で実証

豊田通商と豊田通商アメリカ(TAI)は、米国カリフォルニア州のロサンゼルス港において、港湾荷役機械とドレージトラック動力源の水素燃料電池化(FC化)、港湾に特化した地産地消型クリーン水素モデルの実装実証事業を開始する。本事業は三井E&Sマシナリー、PACECO、日野自動車、日野自動車USAの4社と共同で2022年2月から26年3月まで実施する予定。

おすすめ記事(一部広告含む)