2022年1月18日

鉄スクラップ 湾岸価格500―1000円反発

関東地区の鉄スクラップ湾岸価格がトン500―1000円反発した。旧正月に向けてアジアの鉄鋼需要が増え、ベトナムや韓国向けの鉄スクラップ輸出価格が急反発、関東地区にも先高観が広がっている。指標品種のH2の湾岸価格は約2カ月半ぶりに反発し、一部高値で約20日ぶりにトン5万円を超えた。

おすすめ記事(一部広告含む)