2022年2月9日

鉄鋼・アルミ過剰能力問題 日米共同で新枠組み 炭素強度対応

経済産業省、米商務省、米通商代表部(USTR)は8日、非市場的な慣行を背景とした過剰生産能力問題、炭素強度に対応するとして、鉄鋼、アルミ産業に関する共同声明を発表した。欧州連合(EU)などを巻き込み、炭素強度と絡めて過剰能力の新たな枠組み、鉄鋼・アルミニウム・グローバル・アレンジメントを探る。詳細は今後の協議次第という。
おすすめ記事(一部広告含む)