2022年2月16日

磁歪材料用いた振動装置 害虫防除効果を確認 東北特殊鋼など研究グループ

東北特殊鋼はこのほど、宮城県農業園芸総合研究所など地方自治体・大学と研究グループを組んで、磁歪材料を用いた振動装置により害虫の防除効果があることを明らかにした。トマト栽培で害虫となるコナラジラミ類の密度を振動により低減させたもので、技術特許を取得した。受粉を促進する効果が認められるため、化学農薬に依存しない農業が実現できる。実用化に向けて、2023年度の製品化を目指す。
おすすめ記事(一部広告含む)