2022年2月17日

トーヨーメタル、産学連携で重機自動運転 屋外実証

金属リサイクル業のトーヨーメタル(本社=愛知県豊橋市、大久保啓介社長)は今月4日、かねて産学連携で共同研究している重機の自動運転において、不定形なバラ材の山をグラップルでつかみ、所定の位置で放す作業の屋外実証実験を成功させた。年内は残る課題の解消を行い、来年にも自動運転のソフト販売を開始する予定。実用化されれば、エッセンシャルワーカーとして注目されながら、人手不足が深刻化しているリサイクル業界、産業廃棄物処理業界でもIoT(モノのインターネット)化を進め、構内作業の負荷低減に資する取り組みになりそうだ。





おすすめ記事(一部広告含む)