2022年5月30日

全特協、半数超が黒字維持 1―3月景況アンケート

 全日本特殊鋼流通協会(会長=櫨巳芳・辰巳屋興業社長)がまとめた2022年1―3月期の景況アンケート調査によると、業績が「黒字」との回答が64・1%と前回調査からほぼ横ばいだった。業績は21年10―12月期に比べて「良くなっている」が27・4%と同13・1ポイント下降し、「あまり変わらない」が53%と同3・5ポイント上昇。「悪くなっている」は19・7%と同10・7ポイント上昇した。鋼材の販売価格引き上げにより、半数以上の流通で黒字は維持できているが、自動車向け需要の回復遅れが長引き、業績は悪化している。

おすすめ記事(一部広告含む)