2022年8月2日

JFEエンジグループ 蓄電池ビジネス本格参入 充放電計画を高精度・自動化

JFEエンジニアリングと新電力子会社のアーバンエナジーは2日、蓄電池ビジネスに本格参入すると発表した。JFEエンジ鶴見製作所構内に出力毎時2・5メガワットの大型蓄電池を2基(合計5メガワット)設置し、充放電計画の高精度化・自動化を進める。共同でマルチユースEMS(エネルギーマネジメントシステム)の開発に着手し2023年春の運用開始を目指す。アーバンエナジーはこれまで実証用小型蓄電池を導入し、電力卸市場の価格予測や需要予測を踏まえ、手作業で充放電計画を策定してきた実績を生かす。

おすすめ記事(一部広告含む)